• しみ治療
  • にきび治療
  • ほくろ
  • 脱毛
  • AGA(男性の薄毛)
  • 女性の薄毛
  • まつ毛

しみ治療

しみの種類

老人性色素斑(老人性しみ)

老人性色素斑(老人性しみ) イメージ

紫外線によるシミの代表格です。顔や手の甲、腕など、日光によくあたる部分にできる茶色いシミです。
最初は色が薄く目立ちませんが、少しずつ濃くはっきりしてきます。通常は平らですが、時間が経つと隆起してくることもあります。
原因は紫外線によるですから、日焼け止めなどの紫外線対策をしっかり行うことが予防に有効です。

治療方法

Qスイッチレーザー など

脂漏性角化症(老人性いぼ)

脂漏性角化症(老人性いぼ) イメージ

老人性色素斑が長期間経過すると徐々に厚みがでてきて、この脂漏性角化症になります。紫外線の影響でできるといわれています。そのため顔や手の甲や腕などに多く見られます。

治療方法

炭酸ガスレーザー

炎症後色素沈着

しっしん、虫さされ、にきび、やけど、けがなどのあとにできるしみです。 皮膚の新陳代謝で自然に改善していきますが、残存した場合はレチノイン、イオン導入などで治癒を促進します。

治療方法

ハイドロキノン ケミカルピーリング・イオン導入

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす) イメージ

子どもの頃からある、鼻を中心に左右に散らばる茶色の小さなシミです。 遺伝的な体質と言われていますが、適切な治療で薄く目立たなくすることができます。 紫外線を浴びると濃くなりますから、日々の紫外線ケアがとても大切です。

治療方法

IPL など

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん) イメージ

頬や眼の下、額などに左右対称にみられる薄茶色のしみです。 成人女性に多くみられ、ホルモンバランスのくずれや不適切なマッサージ、肌に合わない化粧品などが原因と言われています。

治療方法

トランサミン内服 ハイドロキノン など 

しみの治療法

Qスイッチルビーレーザー イメージ

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーとは、「シミ取りレーザー」とも言われ、孤立性のシミに効果があります。1回の治療で大きな効果があるレーザー治療です。もし効果がよくない場合はレチノイン+ハイドロキノン外用療法をお勧めしています。

IPL イメージ

IPL

IPL(lntense Pulsed Light)というレーザーとは全く違う光を肌に当てることで、肌のトラブルの 原因となるターゲット(メラニンや毛細血管など)にダメージを与えます。フォトフェイシャルの光はターゲットのみに反応するため素肌を傷つけることなく肌への負担がほとんどありません。またこの作用のよりコラーゲンなど肌に有効な成分を作り出す線維芽細胞の働きが活性化され、内側からに美しい肌を蘇らせます。

Qスイッチルビーレーザー イメージ

レチノイン&ハイドロキノン

しみ治療では、2種類の塗り薬を使用します。 レチノインで表皮の新陳代謝を活性化させ、表皮の底に沈んでいる、しみのメラニン色素を外に追い出します。 またハイドロキノンはしみの元になる細胞にブレーキをかけて新しいメラニン色素を作らせないようにします。

治療前/治療後

老人性色素斑(老人性しみ)の治療前/治療後 イメージ
脂漏性角化症(老人性いぼ)の治療前/治療後 イメージ