• アトピー性皮膚炎
  • にきび
  • 湿疹・手荒れ
  • 水虫・爪水虫
  • いぼ
  • たこ・魚の目
  • ほくろ
  • 脂漏性皮膚炎(ふけ・かゆみ)
  • 帯状疱疹
  • じんましん
  • 口唇ヘルペス
  • その他の大人の皮膚病

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の原因

生後2-3ヶ月ごろより顔や肘や膝裏などに湿疹が慢性的に生じるものを言います。10歳以降になると落ち着いてくることも多いですが、最近は成人になってもよくならない人も増えています。

原因はまだ明らかになっていませんが、遺伝的に皮膚のバリア機能が低下していること、アレルギーを起こしやすいアトピー素因を持っていること、生活環境の中にある悪化因子(精神的、肉体的なストレス、汗やホコリなどによる刺激、食物やダニなどによるアレルギー)によって症状が慢性化すると考えられています。

アトピー性皮膚炎 イメージ アトピー性皮膚炎の原因 イメージ

アトピー性皮膚炎では、皮膚の乾燥症状がよくみられますが、それはどうしてでしょうか?
一般に、皮膚のうるおい(水分量)は皮脂(ひし)、天然保湿因子(てんねんほしついんし)、角質細胞間脂質(かくしつさいぼうかんししつ)という3つの物質によって一定に保たれています。ところが、アトピー性皮膚炎になると、これらの中でも特に角質細胞間脂質といわれる物質が減ってしまうために、皮膚が乾燥すると考えられています。
乾燥肌を放っておくと湿疹がますます悪化しますので、こまめなお手入れが大切です。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療 イメージ

TARC検査(ターク検査)

従来の治療では発疹が少しましになればステロイド外用を中止して、すぐに保湿剤に切り替えていました。その場合、症状がすぐに再燃してしまい、結局症状がいつまでもダラダラと続いていました。
TARC検査が開発されてから、一時的な症状に一喜一憂することなく、TARC値が低値になるまでステロイド外用、プロトピック外用を継続することによって寛解 (症状が落ち着くこと) 状態に導入することができるようになりました。当院ではこの検査を目安にして寛解導入を目指しています。

アトピー性皮膚炎 イメージ

療法

プロアクティブとは
「問題が発生してから対応するのではなく、問題が起こる前に率先して行動する、先を見越した行動をとること」とされています。
いわば先手必勝な治療です。
症状が悪いときには積極的にステロイド外用剤を使用して症状を落ち着かせます。徐々に症状が改善してきたらプロトピック軟膏を使用し症状の維持に努めます。寛解状態に持ち込めばプロトピックを週に数回外用するだけで落ち着くようになります。

日常生活の注意点

1.入浴の注意点

お風呂の温度はぬるめで、体を洗うときは石鹸を十分に泡立てて、手でなでるように洗いましょう。

2. 保湿剤外用の注意点

肌の乾燥はアトピー性皮膚炎を悪化させます。入浴後5分以内に全身にたっぷりと白色ワセリン、または保湿剤を外用しましょう。

3. 肌着の注意点

肌着はなるべくやわらかいものを使用しましょう。

4. 掃除の注意点

ダニ、ほこりはアトピーの悪化因子の一つです。掃除をこまめにしましょう。

5. 爪を切る

掻いたときに皮膚に傷をつけないためです。

6. ストレスについて

さまざまなストレスによってアトピーの症状が影響を受けます。まずはかゆみをしっかりとコントロールしてかゆみのストレスを少なくしていきましょう。

7. 睡眠について

アトピーの有無にかかわらず、睡眠は皮膚にとって非常に重要な因子です。
規則正しい生活を心がけてください。