• アトピー性皮膚炎
  • にきび
  • 湿疹・手荒れ
  • 水虫・爪水虫
  • いぼ
  • たこ・魚の目
  • ほくろ
  • 脂漏性皮膚炎(ふけ・かゆみ)
  • 帯状疱疹
  • じんましん
  • 口唇ヘルペス
  • その他の大人の皮膚病

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹の原因

身体の左右どちらか一方に、ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水疱があらわれる病気です。帯状に拡大する赤みと水疱の症状から「帯状疱疹」という病名がつけられました。

帯状疱疹 イメージ

帯状疱疹は身体の中に潜んでいたヘルペスウイルスの一種、水痘・帯状疱疹ウイルスによっておこります。みずぼうそうにかかったことのあるひとならば誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

みずぼうそうが治ったあとも、ウイルスは体内の神経節に潜んでいます。(潜伏感染)

加齢やストレス、過労などが引き金になってウイルスに対する免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。

皮膚症状の経過 イメージ 水ぼうそうと帯状疱疹の関係 イメージ

帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹後神経痛 イメージ

通常皮膚症状が治ると痛みも消えますが、その後もピリピリするような痛みが持続することがあります。これを帯状疱疹後神経痛といいます。これは急性期の炎症によって神経に強い損傷が生じたことによって起こります。

帯状疱疹の治療方法

抗ヘルペスウイルス薬(バルトレックス錠、ファムビル錠)の内服が必要です。痛みに対してはリリカカプセルが有効です。

日常生活の注意点

  • できるだけ安静にしましょう
  • 患部を冷やさないようにしましょう
  • 水疱は破らないように気をつけましょう
  • 小さなお子さんとの接触は控えましょう