• アトピー性皮膚炎
  • にきび
  • 湿疹・手荒れ
  • 水虫・爪水虫
  • いぼ
  • たこ・魚の目
  • ほくろ
  • 脂漏性皮膚炎(ふけ・かゆみ)
  • 帯状疱疹
  • じんましん
  • 口唇ヘルペス
  • その他の大人の皮膚病

じんましん

じんましんの原因

蚊にさされたときのように、皮膚が急に赤く盛り上がり、痒みを伴うのがじんま疹です。放っておくと数時間のうちに消えます。かいたりすると広がったり、他の場所にも出たりします。症状が出始めてから1ヶ月以内のものが急性じんま疹、症状が1ヶ月以上も続くものを慢性じんま疹といいます。

食物が原因になることはよく知られていますがそのほかに、細菌やウイルス感染が原因のこともあります。また特殊なじんま疹で、温度の変化(温熱、寒冷じんま疹)、入浴、運動・精神的緊張などによる発汗(コリン性じんま疹)などがあります。しかし、じんま疹の7割以上は原因がはっきりしていません。

じんましんの治療方法

じんま疹は抗ヒスタミン剤を内服します。慢性じんま疹の場合、長期にわたり薬を飲み続ける必要がありますが、長期連用による影響はほとんどありません。まずは自分に合った薬を見つけることが大切です。医師と相談の上症状に合わせて薬の量を調整していきましょう。

日常生活の注意点

睡眠不足にならないように十分に睡眠をとってください。また、決まった時間に薬を飲んでください。