• とびひ
  • あせも
  • 虫刺され
  • 水いぼ
  • その他のこども・赤ちゃんの皮膚病

とびひ

とびひの原因

とびひの イメージ

とびひの正式名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。多くの場合、最初に湿疹から始まりかゆくて掻いているうちに細菌感染を起こした状態をいいます。黄色ブドウ球菌、化膿性レンサ球菌が代表的な細菌です。特にアトピー性皮膚炎の方は悪化しやすいので注意が必要です。

とびひの治療方法

シャワーの後に抗生剤の内服と外用を毎日継続してください。

日常生活の注意点

シャワーで患部を毎日洗ってください。

プールは控えてください。

水ぶくれやびらん(じゅくじゅく)から滲出液を触ったり、引っ掻いたりすると中の細菌で次々にうつります。特に鼻の入り口には原因の細菌がたくさんいるので鼻をいじらないようにしましょう。

病変が広範囲の場合や全身症状のある場合は出席停止を必要とすることがありますが、病変部を外用処置して、きちんと覆ってあれば、学校を休む必要はありません。